これは父のお葬式について感じた事です

父親がなくなり、悲しむ暇もなく、いきなり大阪の葬儀社の方が来て、話し合いがバタバタと進んで行きました。
棺桶から、骨壷、葬儀んする部屋の広さ、花の飾り方、などなど、、まだ死んでまもない父を横に色々な事を決めなければなりませんでした。
絶対母一人では決めきらなかったと思います。葬儀社の方もそれがお仕事だから仕方ないのですが、辛い思い出です。

 

やはり色々悩みました。まず父の知り合いが何人葬儀に来るのかも、どういうおつきあいがあったのかもわからず、葬儀の部屋の広さも小さめにしました。しかし、お通夜の日に葬儀場の都合により、一番大きな部屋になりました。

 

それが良かったのか、父の葬儀はそれでも足りないほどの人数が来て、本当に生前のお付き合いなどはすこしでも把握していた方が良いかと思います。
あとは無事に終えることが出来ました。見えない力も働くのかと実感したエピソードでした。

 

やはり、家族の支えがないと乗り越えるのは難しいと思います。
家族の仲が悪いなど、よくある話ですが、一生に一度しかない、最後のお見送りです。力を合わせて、死者を送っていただきたいと思います。