家族葬と連絡を受けたときのお参りについて

最近、家族葬という連絡をよく受けます。
うちの地方だけかもしれませんが。家族葬の範囲がいまいち分からずにお参りをさせてもらった方が良いのか?お参りさせてもらうと迷惑になるのか?迷います。

迷いながら、とりあえずお参りをさせてもらわないと後で後悔するから。と思い直し葬儀場に行かせてもらっています。葬儀場あたりの雰囲気で他人のお参りの具合を見ます。

するとだいたいにおいて家族葬ですがお参りしておられる方も多々いたりします。その葬儀の関係者の方と懇意ならばここまで考えずにすむのにと思うことがあります。

 

とりあえず後悔しないように葬儀場にはいかせてもらいます。
葬儀場の付近に行くと様子が分かります。そこで家族だけか?他人様もいるか察知して葬儀場内に入るようにします。

仕事場関係の方の葬儀ならば、職場の方と相談して合わします。近しい方だとその関係の方に実際に聞かせてもらうこともあります。

冠婚葬祭は日本では結構あとのつきあいにも響きますからデリケートに対応していった方が良いです。
目の詰んだ方法、対応を取って行く必要があります。

やはり失礼の無いように対応していくのが日本の冠婚葬祭です。
行き届いた対応をしていくことが大事だと思います。

最悪、情報が前もって入らないときは香典を持って斎場に行き周りの様子をうかがってお参りするなり遠慮するなりしたら良いかと思います。