葬儀前の気を付けたいマナー行為

1.訃報の知らせを受けて、深夜に駆けつけるのは深夜なので遠慮しましょう。(親しい方でも)2.電話でお悔みを述べることは非礼に当たります。葬儀を控えたご家族は家族を亡くした悲しみで取り込み中です。そういった時に電話をかけること自体NGです。参列の際に直接伝えるか参列できない時は弔電を打ちましょう。3.喪家へ長居することはマナー違反です。葬儀前の喪家は、想像上以上に忙しく疲れています。お悔みの言葉を述べて早々引き上げましょう。4.故人との対面をお願いする行為は、配慮に欠けます。ご遺族に勧められた場合のみ謹んでお受けしましょう。最後に、故人との対面の際、対面を勧められた場の状況もありますので、厳格に作法を守らなければいけないわけではありません。大切なのは、ご遺族に対するお悔みの気持ちと故人の冥福を祈る気持ちです。どうぞ焦らすぐ行動を起こさず、ゆっくり考えて行動を起こしましょう。ご遺族のことを思い今、どうするべきかを考えて行動すればNGマナーはしないと考えます。

PR|寝屋川の家族葬にかかる費用は?|