家族葬というスタイルが確立されて助かる

故人の気持ちを考えた上でも、お葬式は家族葬にしてほしいです。自分が身内の家族葬を経験して改めてそのように思いました。だって家族葬にした場合、亡くなったという報告はお葬式がすべて終わった後だったりしますから。

それはまあ、葬儀屋さん及び遺族のさじ加減的なところもありますけれど、しかし「家族葬」というスタイルが確立されたおかげで、このようなお葬式のスタイルが受け入れられているのは助かりますね。友達が少ない自分としては、本当に助かります。

だって、お葬式を出すにしてもお葬式に来られるにしても、死後のことまで気を遣いたくないものですから。ですから最初から「家族葬で」ということにしておけば、そのような不安や気遣いなくあの世へと旅立っていけるので、自分の気持ちの上でも助かります。

それに費用も最小限におさえられますし、その上に事後報告という形で、訃報と喪中ハガキを兼ねることもできますからね。気も費用もたくさん使わなくて家族葬は助かるというものでしょう。友達が少ない私としては、「家族葬ができてよかったなー」なんてことを思ってしまいます。

PR|枚方のお通夜なら